スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏は続く 
おひさしぶりです。毎日暑いですね!
室温32℃で湿度が90%なんて日もあったりして、そんな日は水槽の温度もうなぎ上り。ファンが回っても室温マイナス5℃くらいが限界のようですね。

基本的に変わりはないのですが、グローライトが一匹エロモナスで落ちました。お腹が膨れてきたので、太ったかな?と思っていたら目が飛び出してきて、あっと言う間にウロコが立ち昇天してしまいました。以前のクラウンキリーもそうでしたが、エロモって残酷な病気ですね。なんか亡骸が悲惨だもん・・・。
とりあえず暑さで水質の悪化があったのかもしれないので、水換えを早めにすることにしました。まだしばらく夏は続くので、水質管理には気をつけなきゃいけませんね。

そうそう、この前外部フィルターの掃除をしたら、中でミナミの稚エビが3匹育ってました。吸水口にはちゃんとスポンジかませてあるのにそれでも吸い込まれちゃったのねww
ちょっと大きくなってたし元気そうだったので、早速水槽に放してあげました。聞いたことはあったけど本当に中で育ってることもあるんですね。これから掃除の時は注意して見てみなきゃ。
082201.jpg

スポンサーサイト
足し水 
いやー、あの判定は妙だよなぁ・・・
しかーし!
もっとありえないのはあの君が代だと思うひと手を挙げてー。
きぃーっ、みひーっ、がはぁーぁ、よほぅー、をおぅ、ぅわはぁー♪ 

それはさておき本格的に暑くなってまいりました。うちの水槽ファンたちも毎日ブンブンと回っています。でもそうなると困ることが。
水の減りがすごく早い!

うちは金魚水槽には水槽に水位線のシールが、熱帯魚水槽にはダブルブリラントの吐出口を水面ギリギリに出しているのが、それぞれ標準水位の目安になっているのですが、ひどい日は2~3cmくらい減ってたりします。
足し水も夏場の水槽管理に欠かせない仕事なんですね。

暑くてもどこか涼しげなしろぽん。
080301.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。