スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薬浴 
新入生の白ピンちゃんは昨夜から薬浴です。
ウオジラミの可能性は否定できませんが、寄生も確認しないうちにマゾテンを使うのがためらわれて、とりあえず規定量半分のメチレンで薬浴を始めました。
buru.jpg


昨日は動きも落ち着かずかなり糞をしていましたが、今日の夕方くらいからは殆どしなくなっています。
でも、気がつくと水底にモワモワしたものが落ちています。これはたぶん粘膜のはがれたものじゃないかな。
薬浴のせいかもしれないけど、何か体表の病気じゃなければ良いなぁ・・・。粘膜が落ちている事はだんだん減ってきていますが、こっちの方もとりあえず要経過観察。

寄生虫のこともあるし、この子は少なくとも3週間はこのまま単独水槽で飼育する予定です。寂しいだろうけどがんばってね。

余談ですがこの子は体型のせいか泳ぎが上手なようで、今いる先輩ピンポンたちに比べるとビューッと泳ぐと相当速いです。このまま無事落ち着いてくれたら、いっぱい餌をあげてぷっくりさせてあげたいなぁ。
スポンサーサイト
茨の道 
今日は用事のついでにショップに行きました。まずはそれがいけなかった!
そこには国産ピンポンが数匹入荷していて、その中にずーーーーーーっと欲しかった黒目勝ち(←ここポイント)の白ピンポンがいたんです。ああっかわいい!かわいいよう!

と一瞬非常に喜んだわけですが、とにかく一度店を出て1時間くらい他の用事を済ませ頭を冷やすことにしました。すでに二匹うちにはいるし、自信もなかったし。
しかし何をしていてもさっきの白ピンポンの事が片時も頭を離れないんです。
た・だ、そこには更なる問題点があったのです。

同じ水槽のピンポン1匹に『ウオジラミ』がついてた!
一応お店はペット○コ○浜なんですけどねー、管理が甘いんでしょうか。とにかく肉眼で確認できる大きさにはなっていました。かわいいけど、こ、これは・・・

買っちゃいけない代名詞の寄生虫付水槽からの新規導入。欲しい子には見たところ寄生していないようだけど、水中に既に卵が沢山あって孵化を待っている状態かもしれない。わざわざこの水槽から買うことはないのでは。でも本当に欲しかった白ピン。うう、どうしよう~どうしよう~どうしよう~・・・
ぐるぐると悩みに悩んだ末、結局
siropin.jpg

連れて帰っちゃいました。(どうぞ嘲笑ってください)
ちょっと長めでスリム体型です。気持ちミューズ?みたいな雰囲気あり?ピンポンじゃなかったらどうしよ・・・(爆)

一応ウオジラミは幸いにも先代ピンポンで一度経験済みで、毛抜きでの除去もやったし対応する薬剤も買ってありました。
ただその時はピンセットで除去し水換えしただけで、薬剤を使うことなく駆除できたのですが、今回はその限りではありません。リスクの高いこの子はトリートメント期間を長めに取らざるをえないでしょう。

で、水槽ですが、駆除薬のマゾテンは熱帯魚には使えないほど非常に強い薬で出来ることなら使いたくないので、とりあえずグリーンFリキッドを薄く投入した新水で様子を見ることにしました。この薬には塩分が含まれているため塩は入れません。この状態で寄生があるか確認してから次の方法を考えようと思います。当然餌切り。

まったく、初心者ゆえに自分から茨の道を選ぶ自分って・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ちなみに2匹は元気です。今日は
un.jpg

こんなウンチしてました。
どこまで伸びるかと期待したんだけど、カメラのフラッシュが点いたせいでビックリしたのか、ブツッ!と・・・ああぁ~(;´Д`)←自業自得
二週間経過 
ピンポンずがうちに来てから今日で2週間たちました。
早いような、長かったような・・・。とりあえず第一の関門は乗り越えてくれたということでしょうか。

今日も赤虫をたらふく食べてそろそろオネムなようです。
pin3.jpg

それにしても良く食べてウンチもたくさん出してます。快食快便の極みですね。ほんとはもうちょっと太いウンが見たいなーとも思うんだけど、まだ小さいから無理なのかな?でもまぁこのまま元気で育ってくれればと思います。

話は変わりますがピンポン水槽に入れてあるこの水草。
kusa3.jpg

以前お店で『金魚にも食べられず安心・丈夫!』と書いてあったので買ったんだけど、いまだ名前がわからないんです。もしわかる方がいたら教えていただけませんかー?
不健康な水草 
魚たちは元気ハツラツなので、今日は対照的に、うちのしなびた水草たちを紹介します。なんとも貧相でお恥ずかしい限り。でも見せちゃおう。

まずはキューピーアマゾン。
kusa1.jpg

ハハハ・・・ボロボロ(笑)。7月半ばにアンブレアを引っこ抜いて植えたものです。色も悪いしネグロとローチにかじられて穴だらけ。どうしたものか・・・

次はバコパ モンニエリ(左)とカボンバ。
kusa2.jpg

バコパ モンニエリは私が6月に初めて水槽を立ち上げた時に丸くて明るい色の葉が一目で気に入って買った水草。水槽を移りながらずっと暮らしていますが、これもネグロに齧られて葉が欠けたりなくったりして貧相に。おまけに新葉が全然大きくならないのでどんどん縮小傾向にあります。
カボンバは丈夫だというので入れたんだけど、増えるのはいいとして葉がポロポロ取れて上部フィルターにしょっちゅう詰まるー(涙)。アンブリアもさんざんこれで悩まされてしまいに抜いたのに、また同じ事態になってしまった。おまけに葉が透明っぽくなって状態も悪し。でも伸びる増えるのはさすが。

照明は8時間、肥料やCo2の添加もしてないのでこんな風になっちゃうのかな。ムズいなぁ水草。どうしてだよ水草。
そのうち総取替えに走っちゃったりして・・・(マテ)
マイペース 
うちのクラウンローチたちはかなりがっつき屋さんみたいです。
クラウン

昨日もコリたちをタックルで跳ね飛ばしながら赤虫をさんざん食べ、お腹がバルーンみたいに膨れ上がって私をビックリさせました。まぁさすがにそこまで食べたので満足したのか、当分奥に引っ込んで出てきませんでしたが(笑)。

もちろんクラウンが去った後コリちゃんたちはゆっくりと優雅に赤虫をお食事なさっていました。キミたち、もう少し積極的にいってもいいんだよ?
本当にうちのコリたちはマイペースです。
wkori.jpg


昨日やたらたくさん食べさせてしまったので、今日は餌は少し控えめにしときました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。